門川町

門川町の水道

水が家庭にとどくまで

門川町は東方に日向灘を望み、西方に自然豊かな山間部があります。
この山ろくから多くの湧水が小さな水のながれをつくり、やがて県内でも数少ない清流のひとつである五十鈴川となってゆっくりと流れながら門川湾にそそいでいます。

この五十鈴川の途中にかんがい用取水の小園井堰(いせき)があり、この井堰の下流に8つの井の上水道用の取水井を設けて、伏流水を取水しています。
このようにきれいで豊富な伏流水を最大限利用して皆様のご家庭におとどけしています。

※伏流水とは?
川の水が地面を伝わって流れ出した水。
門川町では、その水を井戸でくんでいます。

門川町の水道が家庭に届くまでの簡単な仕組

水の流れと各水道施設

五十鈴川の源流
(A) 五十鈴川の源流

小園井堰(いせき)
(B) 小園井堰(いせき)

浄水場管理棟a
(C) 浄水場管理棟a

浄水場管理棟b(制御室)
(D) 浄水場管理棟b(制御室)

浄水場
(E) 浄水場

取水井
(F) 取水井

配水池
(G) 配水池

お問い合わせはこちら

環境水道課   工務係

TEL:0982-63-1140(内線281・286)

メールによるお問い合わせは こちら

暮らし

重要なお知らせ

    現在、お知らせはありません

ページの先頭に戻る
ページの先頭に戻る