門川町

乙島

【無人島サバイバルアイランドキャンプ場「乙島(おとじま)」】

乙島無人島―― 誰もいない島 人の住んだことのない島 野生の動物だけが密かに棲んでいる島―― ともなれば、誰でも冒険心を駆り立てられます。ロッジを備えた乙島ではキャンプや島内探検、バードウォッチングと様々な体験ができます。ひと夏の忘れられない思い出を作る事ができるでしょう。

この島は、門川湾に浮かぶ周囲約4km、高さ80mの無人島で暖地性植物が群生しています。尾鈴山石英斑岩と呼ばれる柱状節理の岩盤から成り、島の周りには、大小7つの海触洞穴があります。

茶屋の大門『茶屋の大門』乙島最大の海触洞穴で、入り口の高さは14m、幅8m、奥行き63mもあります。その昔、海賊の住みかだったと言われるなど多くの伝説とともに自然の神秘を感じさせてくれます。
『東ヶ丘展望台』東ヶ丘展望台から眺める海岸線はリアス式特有の起状をもっていて、猛々しい景観が特徴です。夏が一番見ごろでしょう。きれいな空気と、美しい自然を満喫しましょう!

毎年夏季にはキャンプ場として開放します。詳細は門川町観光協会HPにてご確認ください。

お問い合わせはこちら

まちづくり推進課   商工観光係

TEL:0982-63-1140(内線292)

メールによるお問い合わせは こちら

観光・産業

重要なお知らせ

    現在、お知らせはありません

ページの先頭に戻る
ページの先頭に戻る