門川町

朝食レストラン

概要

門川町では「早おき・早ね・朝ごはん・朝うんち」を合言葉に、食育を進めています。
特に、中学生は就寝時間が遅くなり、朝食の欠食なども少しずつ多くなってくる時期です。
「朝は忙しくて、パンと飲み物を用意するのでやっと・・・」
「朝ごはんは用意してあるけど食べる時間がない・・・」
「食欲がなくて食べられない・・・」
そんな朝を過ごしている生徒さんやそのご家族に"朝ごはん"を見直してもらういい機会になればと思い「朝食レストラン」を実施しています。
朝食レストランは、クラス単位で実施していきます。前日から早おき、早ねを徹底し、ふだんより1時間ほど早く登校して、学校で栄養満点の朝ごはんを試食します。
早起き・早寝、そして栄養満点の朝ごはんを実践することで、ふだんの生活とどんな違いがあるのかを体験し、「早おき・早ね・朝ごはん」の大切さを実感してもらっています。

事業の詳細

時期

5月下旬頃

対象

新1年生、希望する保護者

事業の流れ

1.事前学習

朝食レストランが始まる前に食育講話「早おき・早ね・朝ごはんが大切な理由」を実施
その後、睡眠時間や朝食欠食の有無、排便習慣をチェックする
アンケートを実施

2.当日

栄養満点の朝ごはんを試食 1日1クラスずつ

3.食育講話

「朝ごはんの力、食べ物の力」を実施
終了後、感想などのアンケートを実施

その他

朝ごはんは食生活改善推進員(ヘルスメイトさん)が前日の仕込みも含め、早朝より作ってくれています。 また、ゲストとして、町長や教育長も参加してくださいます。

生徒の感想 ※アンケートより抜粋

  • 朝食の大切さについてわかった。普段の朝食の量より野菜の量が多かったので野菜をもう少したくさん食べたほうがいいと感じた。
  • 朝しっかり食べると授業に集中できた。しっかり人の話が頭に入ってきた。
  • 「いただきます」や「ごちそうさま」と言う時にいろいろな人たちに感謝して食べることは知っていたけど、今まで全然していなかったので、思い出すきっかけになった。
  • 食べることの大切さを感じた。いつも食事の用意をしてくれるお母さんにありがとうと伝えたい。
お問い合わせはこちら

町民課   健康づくり係

TEL:0982-63-1140(内線223・224)

メールによるお問い合わせは こちら

暮らし

重要なお知らせ

    現在、お知らせはありません

ページの先頭に戻る
ページの先頭に戻る