門川町

障がい者・高齢者住宅改造助成金のご案内

(1)障がい者・高齢者住宅改造助成

車いすのイラスト  障がい者や高齢者の方が住み慣れた地域や家庭の中で生活を続けるためには、在宅福祉サービスの充実とともに、その生活の基盤である住居が障がい者や高齢者の生活に適したものであることが必要です。そのため、在宅で生活する障がい者や高齢者のいる世帯の住宅改造に要する費用を助成し、自立の維持・促進や介護者の負担の軽減を図ることができます。

住宅改造助成の要件
共通事項
(助成対象)
1.主に生計をまかなう方の前年所得税が7万円以下であること。
2.町内に住所があること。
3.税の滞納がないこと。
(対象経費) 障がい者・高齢者の日常生活の利便性を図るための住宅の設備・ 構造等を改造するために要する経費(トイレ、浴槽、段差解消(バリアフリー)、手すり等)
個別事項
(助成要件)
(高齢者住宅)
・介護保険法での要支援者または要介護者であって65歳以上の方
(障がい者住宅)
(1)身体障害者福祉法第15条第4項の規定により手帳の交付を受けている方で次に該当する方
・下肢、体幹、視覚障害者で1~3級の方
・上肢障害者で1~2級の方
・脳病変による運動機能障害者で1~3級の方
(2)療育手帳Aの交付を受けている方
助成割合 対象者の区分 助成割合
生活保護世帯 10分の10
主に生計をまかなう方の前年所得税が非課税である世帯 10分の9
主に生計をまかなう方の前年所得税課税年額が7万円以下である世帯 10分の6
助成額 20万円と対象経費のいずれか低い額に、助成割合を乗じた額となります。

※注意事項

車いすと階段のイラスト

  1. 新築、改築、増築は対象外です。
  2. 事前着工は認められません。
  3. 原則、当該住宅1回の助成となります
お問い合わせはこちら

福祉課   地域福祉係・介護福祉係

TEL:0982-63-1140(内線233・234)

メールによるお問い合わせは こちら

暮らし

重要なお知らせ

    現在、お知らせはありません

ページの先頭に戻る
ページの先頭に戻る